沙羅データを活用するオプションソフト———沙羅行事受付版!

これは沙羅をカスタマイズしたソフトウェアです。
沙羅データを活用するオプションソフト———沙羅行事受付版
沙羅のデータを使って利用する「行事受付カスタマイズ版」です。
行事での出席者と、その内訳を入力集計します。(作成帳票:名簿・個別カード等)またその行事での収入および支出を入力して、行事ごとの収支集計表を作成できます。
※沙羅の出納帳とは連動させない独自の行事ごとの収支計算書です。
(→主催者がお寺でなく別の組織の場合)

(1)使用する科目名を設定しておきます。(入金・出金それぞれ設定できます。)

上記は項目名の例です。自由に設定できます。
いろいろとあらかじめ登録しておいて、行事ごとに使う科目(使用するか否か)を設定できます。

(2)行事の案内をするために往復ハガキを作成するための元データを作ります。(住所・寺院名・氏名等を入力します。)
gyouji-1

沙羅の世帯主名簿や寺院名簿等に入力されているデータを再利用できます。

入力したデータを元に往復ハガキ等に出力し出欠をとります。

返信ハガキが戻ってきたら、画面下部を入力します。
出席者や各種項目の人数/個数の集計ができます。
※ 「出欠席」「宿泊」「記念品」「念珠」・・・・の語句は自由に設定できます。
(3)出席者一覧表や集計表が印刷できます。
返信ハガキからの入力をもとに一覧表を出力して、行事の準備に備えます。

(4)当日の受付で、入金入力をして、その場で領収書を発行します。
入金入力により、「出席」が自動的に記入されます。

現在の受付者総数や、出席すべき方の未出席者の方も把握できます。

(5)短冊や集計表を印刷します。
項目ごとの入金額合計や金額順の短冊印刷が出力でき、受付が終了すると同時に集計表が作成できます。

サイト内検索

↑↑↑(複数の単語入力可) または↓↓↓の検索ボックスに入力後、その横のボタンをクリックして検索して下さい。

沙羅の記事一覧


沙羅のトップページはこちらです。

ピックアップ記事

  1. 昨日「年度またぎ検索で「複数年を範囲指定すると」の年回表の帳票がおかしい」とのご指摘をいただきまして…
  2. (1)まずUSBから沙羅を通常とおりインストールして、(2)沙羅を起動して、データを復元(3)その後…
  3. 沙羅の簡易LAN版
    沙羅データを共有フォルダ(NASなど)に置いてLAN上の複数PCで同時利用できる「簡易LAN版」があ…
  4. 例えば100件の名簿があり、それを「年賀状ソフトにデータ書き出し」をした際に、80件しか移らずに「お…
  5. 中陰逮夜設定
    「七七日」→「満中陰」または「四十九忌」と変えるには、一旦メニューに戻っていただき、「ユー…
  6. ぜひお試しください。(100枚入2,000円)年忌法要・結婚式の出欠・卒塔婆申込書などにご利…
  7. 回向簿は「名簿」「過去帳」がすでに入力されていて、施餓鬼などの各行事において行事ごとに回向簿(卒塔婆…
  8. 「お気にいり」からお使いの方は、念のため、以下の方法で再設定してみてください(1)ホ…
  9. 例:郵便番号や住所は印刷しないで、「地区名」と「文字4」「氏名」だけを封筒に印刷したい。…
  10. 「過去帳一覧画面」から印刷できるようになりました。この機能を使うには、沙羅の最新版(20170607…
PAGE TOP