CSVデータインポートの「コツ」

年賀状ソフトに備考などの多くのデータを入力されている場合は、CSV出力して、そのデータをインポートしてください。


「コツ」がいくつかありますので、お伝えいたします。


(1)出力したCSVファイルをExcelで開いてください。


(2)もし番号(家)が振りたい場合は家番号という項目列を入れて、連番を振ってください。その場合は”0”は使わないで下さい。


1から順番に連番を入れてください。


(3)一番上の行に「項目名」を入れてください。(割り当てる時に便利です。)


(4)氏名が分かれている場合は項目名は「姓」「名」ですが、同じ項目内に氏名が入っている時は、姓と名の間に必ずスペースを入れてください。


(5)各項目名を入力したら、その右側のセルには、データが何も入っていないことを御確認下さい。(右側の列を数列範囲指定して削除すると確実です。)


インポートでのデータ読込みエラーの原因は、項目名の数があっていないことが多いようです。


インポートする前にエクセルである程度整形して、CSVファイル形式で保存して下さい。

サイト内検索

↑↑↑(複数の単語入力可) または↓↓↓の検索ボックスに入力後、その横のボタンをクリックして検索して下さい。

沙羅の記事一覧


沙羅のトップページはこちらです。

ピックアップ記事

  1. 「過去帳一覧画面」から印刷できるようになりました。この機能を使うには、沙羅の最新版(20170607…
  2. CSVファイルのインポートも可能ですが、年賀状ソフトであればContactXMLファイル形式の方が簡…
  3. 沙羅の簡易LAN版
    沙羅データを共有フォルダ(NASなど)に置いてLAN上の複数PCで同時利用できる「簡易LAN版」があ…
  4. 昨日「年度またぎ検索で「複数年を範囲指定すると」の年回表の帳票がおかしい」とのご指摘をいただきまして…
  5. (1)まずUSBから沙羅を通常とおりインストールして、(2)沙羅を起動して、データを復元(3)その後…
  6. 例えば100件の名簿があり、それを「年賀状ソフトにデータ書き出し」をした際に、80件しか移らずに「お…
  7. 中陰逮夜設定
    「七七日」→「満中陰」または「四十九忌」と変えるには、一旦メニューに戻っていただき、「ユー…
  8. ぜひお試しください。(100枚入2,000円)年忌法要・結婚式の出欠・卒塔婆申込書などにご利…
  9. 回向簿は「名簿」「過去帳」がすでに入力されていて、施餓鬼などの各行事において行事ごとに回向簿(卒塔婆…
  10. 「お気にいり」からお使いの方は、念のため、以下の方法で再設定してみてください(1)ホ…
WordPressテーマ「GENSEN(TCD050)」
PAGE TOP