【重要】六曜表示をご利用されている方はアップデートしていただけますでしょうか。

トラブル/不具合, 重要な更新/ダウンロード

2016/12/26追記:「初盆」の日付記憶、スケジュールデータ備考印刷文字変更も含めてアップいたしました。

沙羅の「ユーザー設定」→「沙羅環境設定」→「六曜カレンダー」にチェックが入れていただくと、起動カレンダー画面に六曜が表示されます。

2010年にも一度、六曜カレンダーの件でプログラム修正いたしましたが、今回は、来年2017年2月26日~3月27日においての六曜表示が誤りであることをご指摘頂き、2016/12/22 プログラムを修正いたしました。

例:2017年2月27日は20161221版以前の沙羅では友引ですが、実際は先負です。

ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。
ご指摘いただいた方へ 厚く御礼申し上げます。

誠にお手数をお掛けいたしますが、六曜表示をご利用の方は、アップデートいただけますでしょうか。

※六曜表示をされていない方はアップデートの必要はございません。
※アップデートは無償です。
※現状の沙羅でも3月28日以降は正しく表示されます。また、名簿その他のプログラムには支障はございません。

アップデート方法はこちらですが、アップデートの方法やIDがご不明の方は、お気軽に075-708-2666 までお電話下さい。

沙羅で従来使っていた旧暦計算では、2017年2月27日が旧暦の2月1日となりますが、
国立天文台発表(実際の月の満ち欠けを観測し、測定した月齢=0.0 )では2017年2月26日23時58分ということで、
旧暦2月1日は新暦2月26日ということでした

※旧暦2月1日は月齢が0.0になった日

参考URL:上野旭昇堂さんのHP